アコムの審査は厳しいか!口コミ、評判、噂の真実

アコムでお金を借りる理由。ニーズに合わせたサービスが売り!

お金を借りたい時に便利な「カードローン」というサービスは、消費者金融をはじめとした金融業者で契約することができます。ここでは消費者金融の三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」のカードローンを例に見ていきましょう。

カードローンでお金を借りる目的は人それぞれですが、アコムのカードローンはどのような使い道でも可能なのでしょうか?カードローンの申し込みをする前に、まずはお金を借りる理由についてよく考えてみることから始めてみてください。

まだお金を借りる目的は決まっていないけれど、いざという時のために…という理由でももちろんOKです。ただし、カードローンを利用する以上、計画性は忘れないよう注意しておきましょうね。

先に決めておくことがベスト!アコムでお金を借りる目的

アコムをはじめとした消費者金融のカードローンの特徴としてまず挙げらられるのが、使い道が自由というポイントです。カードローンは一般的に次のような目的のために利用されています。

  • 急な出費に対応するため
  • 手持ちのお金が不足している時
  • 自分でお金を工面したい時

たとえば、急な病気や事故などで治療費・医療費がかかることになった場合、子供の幼稚園や学校にかかる費用が必要になった場合など、カードローンなら急な出費にも対応することが可能です。

手持ちのお金が不足している時も、ATMなどですぐにお金を借りることができますし、口座振込で借入をすれば、口座の残高不足にも対応することができますよ。

また「お金が必要だけど、家族や友人に借りるのはちょっと…」という時も、カードローンなら自分でお金を工面することができます。どうしても困った時にはカードローンを利用する!という方法もありますね。

必要なお金を必要な分だけ

カードローンの使い道は自由ということで、詳細については利用者であるみなさん自身で決めることができますが、お金を借りる目的が何であれ、先に使い道を決めておくことがベストと言えます。

  • お金の使い道を決める
  • 必要な借入額を決める
  • カードローンで借入をする

以上のような流れを踏むことで、必要なお金を必要な分だけカードローンで借りることができます。

カードローンの使い道を決めない、必要以上の金額を借りる、といった行為はトラブルに繋がります。絶対に避けておきましょう。

お金を借りるにもカードローンにはルールがありますので、ルールに沿ったカードローンの使い方を心がけてくださいね。

今はまだ使わないけど…いざという時の備えとしても◎

けれども「今はまだカードローンを使う予定はない」という方も中にはいらっしゃるかと思います。

そのような場合も「いざという時の備えとして」カードローンを契約してみてもOKです。備えあれば憂い無しですからね。

だからと言って、無闇やたらに目的もなくカードローンを利用することはおすすめできません。あくまでも「いざという時」だけ使うよう注意しておきましょう。

ルールを守って安全な借入を

カードローン利用者であるみなさんが守らなければならないルールは、「借りたお金は利息を付けて返すこと」です。

アコムには30日間の金利0円サービスがありますが、30日間を過ぎれば利息の支払いは必須となりますし、返済日もしっかり守らなければなりません。

いざという時のための準備!という目的でカードローンを契約することもできますが、実際に借入をする場合は、計画性を持って安全な使い方をするよう心がけてくださいね。

借換え・おまとめにはアコムの専用ローンを利用してみて

また、カードローンを利用する目的が「おまとめ」や「借換え」という方もいらっしゃるかと思います。

  • 複数の借金返済をひとつにまとめたい!
  • 他社カードローンから借換えをしたい!
  • 少しでも利息の負担を減らしたい!

現在複数社でカードローンを利用している方、他社で借入をしているけれど利息に困っている…という方も、おまとめや借換えといったサービスを利用することで、返済負担を軽減させることができます。

そこでおすすめしたいのが、アコムの「借換え専用ローン」です。借換えだけではなく、おまとめローンにも対応していますよ。

アコムには通常のカードローンはもちろん、おまとめや借換えを目的としている方が利用できる専用のサービスもあるので、返済にお困りのみなさんはぜひ一度アコムに相談してみてはいかがでしょうか?

カードローンに頼りすぎはダメ!サポート役として上手に活用を

アコムのカードローンでお金を借りる前に、みなさんがまずやるべきことは「使い道を決めること」です。

ハッキリと使い道を決められない場合も、「急な出費があった時だけ使おう」といったように、ある程度の目的は決めておくようにしてください。

お金に困った時はすぐにカードローンに頼る、というような使い方はおすすめできません。どうしても必要な場合のみ利用するなど、金銭面のサポート役としてカードローンを上手に活用していきましょう。

閉じる
閉じる