アコムの審査は厳しいか!口コミ、評判、噂の真実

家族に残されたアコムへの返済…本人が死亡しても借金は消えない?

家族が亡くなった悲しみも束の間、死亡した本人がアコムで借金をしていた…。そんな事実を知ってしまったら、私達はどのような行動を取れば良いのでしょうか?ここでは亡くなった家族がカードローンで借金をしていた場合についてお話ししていきましょう。

大手消費者金融の三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」では、カードローンやクレジットカード、借換えローンなどが利用できますが、もしも利用していた本人が死亡してしまった場合、残された借金はどうなるのでしょうか。

実はカードローンを利用していた本人が死亡したとしても、その時点で借金が消えるわけではありません。大抵の場合は残された家族が借金を肩代わりし、返済していくことになるのです。

返済はどうなる?亡くなった家族がアコムで借金していたら

カードローンでお金を借りたら、必ず返済をすること。これはカードローンで借金をするすべての人に課せられているルールです。まずはこのルールを守れなければ意味がありません。

しかし、場合によっては返済できなくなってしまうトラブルが起きることもあるものです。例としては以下のようなケースが挙げられます。

  • 金銭的な問題が生じた場合
  • 病気や怪我などの健康被害がある場合
  • 本人が死亡してしまった場合

無職になってしまった、収入が途絶えてしまった…など、金銭的な問題で返済ができなくなる他、病気や怪我などによって結果的に仕事を辞めざるを得ないというような場合も返済に影響が表れてきます。

また、カードローンを利用していた本人が何らかの理由により死亡してしまった場合も、本人が借金の返済をすることはできなくなってしまいます。

ここからは「本人が死亡してしまった場合」の借金の行方について詳しく見ていくことにしましょう。

借金も相続されるの?

もしもカードローンを利用中に死亡してしまった人がみなさんの家族だった場合、たとえ借金をしていた事実を知らなかったとしても、みなさん自身にも大きな影響があります。

確かに借金をしていたのは亡くなった家族本人ですが、死亡したからと言ってカードローンの返済はもうしなくていい、ということにはなりません。そこで必要となるのが「相続」です。

相続と聞くと、亡くなった家族が残した財産を家族が受け継ぐというイメージがあるかと思いますが、財産は決してメリットだけがあるものではありません。借金という負の財産も相続しなければならないのです。

借金も財産のひとつ!死亡した本人に代わって返済する義務が

家族のもとへ残された財産が借金というのは、何とも言えない状況ですが、カードローンを利用していた本人の家族にあたるみなさんには、死亡した本人に代わって借金を返済する義務があります。

アコムのカードローンは、担保も必要なければ保証人も付ける必要はありません。しかし、保証人がいなくても相続人が借金を相続しなければならないのです。

とは言え、借金の額が相当なものになる場合、相続をすることで大きな負担になってしまうことも考えられますよね。その時は「相続放棄」を利用する方法もあります。

相続放棄のメリット・デメリット

相続放棄をすることによって、借金の返済義務を受け継ぐ必要はなくなります。ただし、不動産や預金などの相続も同時に放棄することになりますので、あらかじめご注意ください。

相続放棄は、家族にとってプラスとなる財産がこれと言って見当たらない場合はもちろん、残された借金の額が大きいなど、負の財産の相続を放棄したい場合に用いられます。

残された財産が高額なものではなく、借金ばかりが残されているような方は、相続放棄することで借金の返済をチャラにしても良いでしょう。

タイムリミットは3ヶ月!

もしくは「限定承認」という方法で、家族にとってプラスとなる財産と同程度の借金を相続することも可能です。プラスとなる財産が残されているなら、こちらの方法を取った方が良いでしょう。

どちらも財産を相続することが可能と分かった日から「3ヶ月以内」が手続きのタイムリミットとなります。

そのまま状況を放置していると、残された借金をそのまま相続しなければなりませんので、早めの手続きをおすすめします。

必要な手続きはある?借金を相続しなければならなくなった場合

万が一、どちらの手続きも取ることができなかった、もしくは相続放棄や限定承認という方法があることを知らなかったという場合、残された借金は相続人が返済しなければなりません。

もし亡くなった家族の借金を相続しなければならない状況になってしまったら、まずはカードローンを利用中のアコムに連絡を入れてください。

アコムで借入をしていた本人が死亡してしまったこと、借金を相続しなければならなくなったことを伝え、アコムのカードローンの名義人を変更する手続きを取りましょう。

名義変更後は、みなさんの名義で改めてアコムのカードを再発行し、返済をしていくことになります。

まずは冷静に!秘密にしているケースも多いアコムの借金問題

自分の借金ではないにもかかわらず、相続ということで仕方なく借金の返済をしなければならない状況というのは、大変なものですよね。それでも相続をしたのであれば、返済はみなさんの義務になるので、計画的に完済を目指していきましょう。

アコムのような消費者金融の借金は家族に秘密にしているケースも多いため、家族が急に亡くなった場合などは特に大きな問題となってしまうかと思います。まずは冷静になって状況を受け止め、相続放棄をするなら適切な手続きを取るようにしてくださいね。

閉じる
閉じる