アコムの審査は厳しいか!口コミ、評判、噂の真実

アコムの返済額を減らすことはできる?利息を抑えることがポイントに

いざという時にあると助かるカードローンですが、返済が大変…という方も少なくありません。カードローンでお金を借りる以上、返済は欠かせないものですが、「もうちょっと返済額を減らしたい!」と思うこともありますよね。

ここでは三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」でカードローンを利用中の方に向けて、少しでも返済額を減らす方法についてご紹介していきたいと思います。現在返済にお困りの方、これから借入を考えている方はぜひご参考にしてくださいね。

返済額を減らす時に気をつけたいのが、まず「利息」ですが、カードローンでお金を借りる段階から注意しておく必要もあります。ご自身のカードローンの使い方も同時に見直してみると良いでしょう。

カードローンの返済は絶対必須!アコムを利用するなら計画的に

初めにアコムのカードローンを利用する上で必要となる返済、そして計画的に返済をしていくことの重要性についてお話ししていきたいと思います。

カードローンは返済を前提としているサービスということで、お金を借りたら返済をすることがルールであり、このルールを守れない場合は利用者としての信頼を失ってしまいます。

カードローンの返済をする際には、次のようなポイントに注意しておきましょう。

  • 必ず返済日を守ること
  • 自分に合った返済計画を立てること
  • 利息が膨らみすぎないようにすること

返済日を守ることはもちろんのこと、確実に返済をすることができるよう「返済計画」を立てることも忘れないでくださいね。

便利な「返済シミュレーション」

自分に合った返済計画を立てる時は、ぜひアコムの「返済シミュレーション」を利用してみてください。

アコムでは月々の返済額のシミュレーション、完済までにかかる返済回数のシミュレーションができます。この結果を元に自分に合った返済計画を考えてみましょう。

また、カードローンの返済はただ借りたお金を返せば良いわけではなく、利息を含めた返済額の支払いが必要となります。利息が膨らみすぎないようにすることも計画的な返済のポイントですね。

少しでも返済額を減らしたい!利息を軽減するためのコツとは

カードローンの利息が膨らみすぎた場合、返済に無理が生じてきます。結果的に延滞をしてしまったり、返済することが不可能になってしまい完済できない…といったトラブルも。

このようなトラブルを起こさないためには、利息を軽減することが必要となります。この対策はカードローンの返済額を減らす効果もあるので、一石二鳥ですよ。

返済額を減らしたい時は、ぜひ次のようなポイントに注意しながら利息を減らしてみると良いでしょう。

  • 返済期間が長くならないようにする
  • 月々の返済額を増やしてみる
  • 余裕がある時はまとめて返済をする

返済期間が短い時、月々の返済額が多い時ほど、トータルで支払う利息は少なくなります。反対に返済期間が長引いたり、月々の返済額が少なく、なかなか完済できない時は利息が増え続けてしまうので要注意です。

一気に完済する余裕がある時は

まずは月々の返済額を少しでも増やして返済期間が短くなるよう、返済シミュレーションを活用しながら計画を立て直してみてください。

もしお金に余裕があれば、月々の返済額とプラスして返済をしても構いません。アコムでは随時返済を受け付けていますから、自分のペースで返済をしてもOKです。

一気に完済をする余裕があるなら、まとめて返済をしてしまった方が利息が今以上増えることがなくなりますので、返済額を減らすことが可能です。ただし、無理はしないようご注意くださいね。

30日間限定で無利息?アコムの「金利0円サービス」も活用して

また、アコムへの返済額を減らすなら「金利0円サービス」を上手に活用することもおすすめです。

アコムでは初回契約者に限り、30日間限定で金利0円サービスを提供しています。つまり、無利息でカードローンを利用できるというわけですね。

アコムのカードローンを契約後、30日間であれば利息を支払うことなく借入ができますので、無利息で借りたい方は約1ヶ月で返済可能な金額だけを借りるよう心がけてみると良いでしょう。

ただし、金利0円の期間を過ぎれば、通常どおり利息を支払わなければなりません。いつまで無利息で借入できるのか、よくチェックした上でお金を借りるようにしてくださいね。

お金を借り過ぎないことも大切!そもそもの問題点は借入にあり

カードローンの返済額が多いと、それだけ金銭的な負担も増えますし、完済できるかどうかも不安になってしまいますよね。そんな時はここでご紹介した利息を軽減する方法を試してみてくださいね。

けれども、返済額が多いという状況は、カードローンでお金を借り過ぎてしまったことがそもそもの問題点というケースもあります。借入の時点から返済額の負担に影響が表れているのです。

返済額を抑えたいのであれば、カードローンでお金を借りる段階から借り過ぎに注意しておくことが必要です。今借りるべきお金だけを借りるようにしましょうね。

閉じる
閉じる