アコムの審査は厳しいか!口コミ、評判、噂の真実

勤続年数も影響?アコムのカードローン審査で不利にならないために

カードローン審査で気をつけておくべきポイントは様々ありますが、ここでは「勤続年数」について見ていきましょう。三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」でカードローンを利用する際に、勤続年数はどのように関わってくるのでしょうか?

一般的にカードローン審査では、みなさんの仕事や収入に関するポイントがチェックされます。審査によって問題があると判断された場合は、カードローンを利用することができないので注意しておきたいですね。

みなさんの現状によっては、カードローン審査で不利になることもあります。カードローン審査で不利にならないためにも、申し込みをする前にご自身の勤続年数について今一度よく振り返ってみましょう。

どこに気をつければいい?アコムのカードローン審査ポイント

まずは「アコム」のカードローン審査ではどのような条件がチェックされるのか、基本的なポイントから見ておきたいと思います。アコムの審査でチェックされるのは次のような利用条件です。

  • 年齢は20歳以上か?
  • 安定した収入はあるか?
  • カードローン返済能力はあるか?

年齢に関する条件は未成年ではないこと。年齢の上限は69歳までとなっています。

そしてカードローン利用に欠かせないのが「収入」です。安定した収入があることが条件と決められています。

全体的に収入が少ない方、月々の収入が不安定な方は、カードローン審査において不利になる傾向が強いです。安定収入があることは絶対、と覚えておいてくださいね。

「返済能力」は何を表す?

また、アコムでは「返済能力があること」もカードローン利用者に対する条件としています。

返済能力とは、カードローンで借りたお金をしっかりと返済することができる能力のことで、収入以外にも様々な事柄が関係しています。

たとえば、現在借金を抱えている場合。特に多額の借金となると、アコムでお金を借りても返済できるかどうか状況は危ういですよね。このようなケースは「返済能力が低い」と審査されやすいです。

その他、仕事上で問題があるケースも返済能力に影響してくるでしょう。続いては返済能力にも大きく関わってくる「勤続年数」の重要性について見ていきたいと思います。

「勤続年数」とは?職場に勤めている期間は長い方が◎

カードローン審査において、安定収入があることがまず注目されますが、同時に「仕事も安定、継続しているか?」といったポイントも審査されます。そこに関係してくるのが「勤続年数」です。

勤続年数とは、みなさんが現在の職場に勤めている期間のことです。同じ職場で仕事を続けている期間が長いほど、カードローン審査では有利になります。

個人事業主や自営業者のみなさんの場合は、勤続年数ではなく営業年数を審査されます。こちらもまた期間が長いほどカードローン審査では有利となっています。

返済能力の高い状況が有利!

なぜ勤続年数や営業年数が長いとカードローン審査に有利なのか?というと、そこには収入が関係してきます。

安定した収入を得るためには、仕事が必要不可欠ですね。仕事が安定・継続してあれば、収入に困ることもなく、返済能力も十分ある状態です。

勤続年数が長い方は同時に収入も安定しています。つまりアコム側からは「返済能力が高い」と審査されるため、カードローン審査においては有利な状況と言える、というわけですね。

アコムのカードローンは「勤続年数何年以上」という基準はありませんが、できる限り長期間であることが望ましいので、勤続年数が短い方の場合は申し込みには注意しておきましょう。

今はまだ申し込みは避けておくべき?勤続年数が短い場合

勤続年数に問題がない場合は、今すぐにでもカードローンの申し込みをしても審査に通過できる可能性は高いですが、もしもみなさんの勤続年数が短い場合は、申し込みを避けておいた方が良いかもしれません。

アコムの利用条件では、勤続年数に関する具体的な基準は定められていませんが、働き始めてから1年に満たないなど、新しい仕事に就いてからそれほど期間が経っていない方はご注意ください。

目安としては、2〜3年以上継続して勤続している、または営業していると、カードローン審査においては有利となるでしょう。

カードローン審査はトータルで判断

もちろん、勤続年数が良ければカードローン審査に通過できる、というわけではありません。カードローン審査は様々な項目から条件に見合っているかをチェックし、トータルで「利用者として相応しいか?」を判断します。

勤続年数はカードローン審査に影響を及ぼすものですが、勤続年数がすべてではありませんので、他の面にもしっかり目を向けておきましょう。

いくら勤続年数が長くても、多額の借金のある状況などはもってのほかですからね。

嘘は絶対にダメ!カードローン審査を受ける時は正直に

また「勤続年数が長い方が有利」だからと言って、嘘の勤続年数を記入してカードローンの申し込みをするのは絶対にNGです。虚偽情報での申し込みは不正行為となります。

アコムのカードローン申し込みをする際には、必ずご自身の正確な勤続年数を記入してください。収入や職場の情報なども同様です。カードローン審査は正直に受けるよう注意しておきましょうね。

閉じる
閉じる