アコムの審査は厳しいか!口コミ、評判、噂の真実

無職は審査を受けられない!アコムで借りるには仕事が必要不可欠

消費者金融のカードローンを利用するには、様々な条件をクリアしていなければなりません。そのひとつが「仕事」に関する審査条件です。三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」でも、仕事をしていることは必要不可欠となっています。

こうした審査条件の面から見てみると、現在仕事をしていない無職のみなさんはカードローンを利用することができない、つまり借入対象ではないということが言えますね。これはアコムに限らず、他社のカードローンでも同様です。

では、なぜ無職ではカードローン審査に通過することができないのでしょうか?その理由について詳しくお話ししていきましょう。また、無職の方がカードローンを契約するための対処法もご紹介していきたいと思います。

無職は審査NG!アコムがチェックしているのは「返済能力」

どうして無職の人はカードローンの利用対象にはならないのか?その理由に大きく関係しているのが「返済能力」です。

返済能力とは、カードローンを利用してお金を借りた時に「問題なく返済をすることができる状況」であることを示すものです。

  • 計画的に返済ができる
  • 返済日を守ることができる
  • 借りたお金をきっちり完済できる

計画的な返済ができる、返済日を守る、完済ができる…といった能力は、カードローンを利用する上で大変重要なものとなっています。

カードローンを正しく利用するためのルールでもあるので、「返済能力がある人=カードローンのルールを守れる人」とも言えるでしょう。

専業主婦も借りられないの?

無職の方の場合、仕事がないのと同時に収入もない状態です。これではカードローンでお金を借りても返すことができませんよね。なので、無職の人は「返済能力がない」と判断されてしまうのです。

カードローンによっては、無職でも「専業主婦なら可」としているケースもありますが、アコムでは専業主婦の借入はできません。

専業主婦OKのカードローンは主に銀行のサービスとなります。その場合も「配偶者に安定した仕事と収入があること」が条件とされていますので、やはり無職・無収入では借入することはできない、ということが分かりますね。

アルバイトやパートもOK!アコムのカードローン審査条件

では、現在無職の方がアコムのカードローンを利用するにはどのように対処をしていけば良いのでしょうか?ここからはカードローンの審査条件について具体的にお話ししていきましょう。

カードローンを利用するためにまず必要となるのが、仕事に就くことですが、アコムではアルバイトやパートの方も審査対象となっています。

仕事に就くと言っても正社員でなければならない、というわけではないんですね。アルバイトやパートなどの非正規社員の方でも、安定収入があればアコムの審査条件は満たしていることになります。

無職ではない方の中にも「正社員じゃないから…」とカードローン申し込みを諦めてしまっているみなさんはいませんか?アコムではアルバイトやパートも審査可なので、ぜひ利用してみてくださいね。

派遣社員も大丈夫?

その他、派遣社員や契約社員、個人事業主、自営業者の方など幅広い職業の方がアコムのカードローン審査対象となっています。ただし、審査条件には注意点もありますので気をつけておきましょう。

たとえば、派遣社員の方の場合、派遣会社に登録していることはもちろん、派遣先で仕事をしていること、安定収入を得ていることが条件となります。

現在無職の方が派遣社員としてカードローンを利用するためには、ただ派遣社員として登録するだけではNGというわけですね。派遣先での安定した仕事と収入が必要不可欠!というポイントにご注意ください。

勤続年数に注意!転職を繰り返していると審査に悪影響が

無職の方がカードローンを利用するための方法としては、仕事をして安定収入を得ることが第一です。ここがなければカードローン審査の基本的条件を満たすことができませんので、最重要ポイントとして覚えておいてくださいね。

また、さらにカードローン審査に通過する可能性を高めるには「勤続年数」にも注意しておきましょう。

勤続年数とは、同じ職場に勤務している年数のことを指しています。仕事をに就いたばかりの方はもちろん、転職を繰り返しているような方も勤続年数は短くなってしまいます。審査に不利になることもあるので気をつけておきたいですね。

仕事を始めてすぐ申し込み!は避けて

たとえば「今まで無職だったけれど、仕事を始めることになった」という場合、仕事を始めてすぐにカードローン審査に通過することは難しいでしょう。審査を受ける前に次のようなポイントにご注意ください。

  • 半年〜1年以上は同じ職場で仕事を続ける
  • 収入も安定させる
  • 収入に見合った借入額を希望する

少なくとも半年〜1年以上は同じ職場で仕事を継続している状態であることが望ましいです。もちろん収入が安定していることも含めて、良い状況を保っていきましょう。

その他、ご自身の収入に見合った借入額を希望するなど、無理なカードローン利用をしないという心構えも必要ですね。まずは焦らず、仕事と収入を安定・継続していくことに専念してください。借入はそれからです。

厳しい条件も当たり前!誰でも簡単に利用できないカードローン

現在仕事をしていない、収入もない、という状態では、カードローンの審査対象にもならない、ということを理解していただけたでしょうか。無職・無収入なら、まずは仕事をして収入を得ることがスタートです。

カードローンは決して誰でも簡単に利用できるサービスではありません。仕事を継続していること、安定した収入があることを基本条件として、正しい使い方ができる人を対象としていますので、厳しい条件があることもよく理解しておきましょうね。

閉じる
閉じる